推薦書籍紹介

小さな運送・物流会社のための業績アップし続ける3つのしくみ

%e6%a5%ad%e7%b8%be%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97%e3%81%97%e7%b6%9a%e3%81%91%e3%82%8b3%e3%81%a4%e3%81%ae%e3%81%97%e3%81%8f%e3%81%bf

 ◆ドライバーが本気で働く組織をつくる!◆
社長が一人で戦っていては、企業は存続できない。人材不足の中、勝ち残る運送・物流会社になるための具体的手法が満載
 

ドライバー気質を生かして、安全・顧客満足アップに取り組む3つのしくみを、全国トラックドライバー・コンテスト優勝者を輩出した中小運送会社社長が公開。 前著『小さな運送・物流会社のための 「プロドライバー」を育てる3つのルール』の人材育成ノウハウを、より効果的に進めていくための組織づくりについて解説します。

 
目次
  • 第1章 運送・物流会社が業績を上げるために必要なこと
  • 第2章 運送・物流会社の業績を支えるドライバー育成
  • 第3章 ドライバー気質を生かす5つのステップ
  • 第4章 ドライバーに達成感を与える風土づくり
  • 第5章 いい人材を獲得するための求人・面接ノウハウ
  • 第6章 やる気を引き出す給与の支払い方
  • 第7章 ドライバーを短期間で「人財」に育成する方法

小さな運送・物流会社のための荷主から信頼される!「プロドライバー」の教科書

教科書

 ◆未経験、新人でも即戦力になる!◆
「事故なし、マナーよし」のトラックドライバーが実践しているスキル&マインド満載
 
運送の仕事は、見よう見真似の我流でやっていては同じような事故やクレームを繰り返しかねない。 
本書では、スキル、マインド、マナー・モラルを兼ね備えたドライバーになるための「正しいノウハウ」を
解説。
全国トラックドライバー・コンテスト優勝者を輩出した中小運送会社社長が教える、現場のヒントが満載!
目次
  • 第1章 プロドライバーの条件
  • 第2章 プロドライバーの安全運転スキル(準備編)
  • 第3章 プロドライバーの安全運転スキル(走行編)
  • 第4章 プロドライバーの車両扱い
  • 第5章 プロドライバーの社内ルール
  • 第6章 プロドライバーの営業力
  • 第7章 プロドライバーのトラブル対策
  • 付録  これだけは知っておきたいプロドライバーの基礎知識

小さな運送・物流会社のための「プロドライバー」を育てる3つのルール

4495524313

 ◆業績アップの秘訣は、ドライバー育成にあり!◆
運送・物流・通販・小売-トラックドライバーを活用したい全ての会社に必須のノウハウ
 
99%が中小零細企業の運送業では、大手が保有するような大規模な施設は持てないし、宣伝を打ったりすることもできない。しかし、小さな運送会社ならではの工夫や機動力によって、大手に負けない「プロドライバー」を育てることができれば、十分大手に勝つことができる。 
本書では、人材採用から新人教育、セールスドライバー育成、評価方法、給与システムまで、荷主の満足度を高める採用・育成ノウハウを、小さな運送会社を売上15倍、全国6拠点100名の物流企業グループへ成長させた著者が公開。 問題ドライバーも優良ドライバーになる現場のヒントが満載!
目次
  • 第1章 プロドライバーの育成が業績アップのカギ
  • 第2章 プロドライバーに必要な3つの力
  • 第3章 戦力となるドライバーを見抜く「採用面接」のコツ
  • 第4章 プロドライバーを生み出す「新人教育」ノウハウ
  • 第5章 「プロ予備軍」を再教育してプロドライバーにしよう
  • 第6章 個性を最大限に活かす「プロ集団」のつくり方
  • 第7章 顧客満足度を大幅にアップすろる「セールスドライバー」の育て方
  • 第8章 ドライバーのモチベーションアップを促すしくみ
  • 第9章 成長し続ける組織をつくろう

 

06-2

  私が経営する株式会社ナルキュウは創業60年を迎えた小さな運送会社です。叔母から会社を譲り受けて22年、「小さな運送会社でも必ず大手に勝てる!」という思いを抱きながら業績を積み上げてきました。社是は「小さな一流企業を目指して、社会に貢献できる人づくり、会社づくり」です。

我われの業界は、99%が中小零細企業で成り立っており、実にコンビニとほぼ同数という、6万事業社以上の小さな会社が凌ぎを削り、生き残りをかけています。特にここ数年で同業者数は増え続け、ますます競争が激化してきています。その要因の1つには、運送業界特有の孫請、曾孫請までも珍しくない下請構造があること。もう1つは、規制緩和で最低5台のトラックから新規の運送事業者が開業できるようになったことです。

さらに、国土交通省は2015年に14万5000人のドライバーが不足するとの予測を発表しました。少子高齢化、若者のクルマ離れ、「中型免許」制度などの法規制などで運送事業を支えるドライバー不足が広がってきています。

これからの時代、小さな運送会社が力強く生き延びるためには、「ドライバー育成」が最重要課題です。1人の優秀なドライバーを育てると、良い影響が周囲にも広がり、プロドライバー集団がつくれるようになります。プロドライバー集団をつくることで、運送事業者の「悩み」は半分になります。私の会社には、20代の若手のドライバーがたくさん入社してくれるようになりました。小さな会社ですが、大手に引けを取らない、きめ細かな個別指導法や育成責任者制度を設け、全国トラックドライバー・コンテストで上位入賞を果たしています。(2013年 第45回全国トラックドライバー・コンテスト4トン部門 優勝

本書では、私が実際に試行錯誤して成果の出た、人材の採り方、育て方を公開しています。人材採用から新人教育、セールスドライバー育成、評価方法、給与システムまで、荷主の満足度を高めるノウハウを公開。小さな運送会社を売上15倍、全国6拠点100名の物流企業グループへ成長させた、問題ドライバーも優良ドライバーになるプロドライバー育成の実践方法です。著者は、コンサルタントなどではなく、22年間小さな運送会社を経営してきた現役社長ですので、「現場で役立つ」ノウハウが満載となっております。

book_p04

 

 amazon_button

 

 

PAGETOP